So-net無料ブログ作成

新型シエンタ 一回の交渉だけで最も安く買う方法とは?

511a56632d4830d7452cd82de3fda065_s.jpg
新型シエンタを一回の交渉だけで最も安く買う方法を公開します。
車を安く買いたい。だけど交渉が面倒ですよね。

一回のディーラーとの交渉で最も安く買いたいと思いませんか?

思いますよね。

私が実践して効果があり上手く成約出来た方法を
紹介したいと思います。

まず一般的な値引きの手順は下記の流れになります

●初回交渉
①相手の出方を探る(人間性、本気度)。
②下取り車があれば査定をしてもらう

●2回目以降
①出来る限りの値引き額を出してもらい競合他車にぶつける

●最後の交渉
①ある程度の値引きを引き出したら競合店同士をぶつける。
②車庫証明、納車費用のカットの要求。
③数万程度の用品無料サービスを引き出す。

私が以前行っていた一般的な値引き交渉で引き出した
値引き額いくらだと思いますか。

マーチでたった3万でした。

ディーラーめぐりと交渉で時間とガソリン代を
浪費してです。完全に失敗でした。

交渉術、話術が達者でないと、かえって険悪な雰囲気
になってしまうことになりかねませんよね。


次に乗り替えたセレナ(オプション10万分装着)の値引きは
1回10分の交渉で40万円を引き出せました。

5年落ちのマーチは下取り査定がマイナスだったので
下取りに出さず、中古車買取で査定してもらい10万
買い取ってもらいましました。

★1回の交渉だけで最も安く買う方法とは?

私が行っている超簡単で効果的な値引き法を紹介します。

①事前検討を十分にして、購入グレードを明確にしておく(決めておく)。

②購入ディーラーは、近い店を攻める。(遠いと冷やかしと思われる)

③ハンコウを用意して、目標金額(ネット情報)の二倍の値引きを提示して飲んでくれたら契約する旨を伝える。(シエンタ2015年11月であれば30万)

ネット情報
シエンタ、シエンタハイブリッド、目標車両本体値引き額
8月 10万
9月 13万
10月13万
11月15万

シエンタ値引き実例
2015年7月~9月
秋田県 シエンタ G 4WD 13.0万円
(OP約3万1000円分装着)
2015年7月~9月
宮城県 シエンタ G 10.5万円
(OP約12万8000円分装着)

④下取り車は、ネット査定で売却する。その方が高額で売却できます。下取りに出すのであれば、下取り査定を安くして、新車値引きに上乗せする下取り充当というテクニックにだまされないよう注意する。

一般的に値引きが大きくなる時期があるので
「1月~3月の年度末決算期」、「6月7月のボーナス時期」、「8月お盆明け~9月の中間決算期」、「12月のボーナス・年末商戦」を狙う。

その店がどうしてもあと一台契約がほしい。などのタイミング
「店長が夫婦喧嘩で虫の居所が悪かった」などの要素も大きいと思います。

⑤もしダメであれば、その金額が最大限の値引きになります。
もし納得がいかなければ他店に回り交渉する。

⑥それでもダメであれば、その中で一番安いディーラーで契約する。

私の場合、ハンコウを持って行き即決と言ったら、「店長と相談
してきます」と言い残して席をはずしてから10分後。

店長からやっとOKもらいました。と、かなりのむりを聞いてくれました。
(ディーラーも余計な交渉や手間を極力なくしたいと考えます)

下取り?売却?
愛車の売却は下取りではなく、ネット査定が超おすすめです。
    ↓↓↓
【かんたん車査定ガイド】

事故車、不動車は?
不動車、事故車でも心配いりません!

不動車、事故車もこちらで買い取ってもらえるんですよ。
   ↓↓↓

   ↓↓↓


ぜひ活用しましょう。

値引き交渉が好きだというなら話は別ですが、ムダに時間を使いたくないのであればとてもおすすめの交渉術になります。

以上参考にしていただけると嬉しいです。


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました