So-net無料ブログ作成
検索選択

新型プリウスPHVの発売日確定、いくらなら買う?

20160423-10243427-carview-000-1-view.jpg

新型プリウスPHV発売日確定

新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の発売日が
10月26日に確定し、販売店の受注開始日は
9月上旬を予定しているしたとの情報がながれました。

ホンダなど、品質問題でフリードなどの新型車
の投入を見合わせているなか、新型プリウスプラグイン
ハイブリッド(PHV)の新車開発も順調に進んでいるようです。

生産工場は、トヨタのメイン工場、愛知県豊田市の堤工場で
新型プリウスプラグインハイブリッド(PHV)の生産能力
台数は最大6000台/月を計画しています。

新型プリウスハイブリッドの販売が好調で、新車販売ランキング
で1位をキープし、販売台数も2万台をコンスタントに
たたき出している事から、より付加価値の高いPHVが消費者に
受け入れられるかを、見極めたいとの考えがあると思われます。



現行プリウスのプラグインハイブリッド(PHV)2012年1月に
販売開始した当初の年間目標販売台数は3万5千台から4万台
としていたましたが、販売台数が年間1万台と低迷した経緯が
あります。

当然、開発費回収を見こんで、販売台数を設定するわけですから
売れなかったら大赤字ですし、販売台数の見極めが重要になってきます。


現行プリウスPHVの開発者側が、ベストだと思った新技術を
ユーザーに受け入れられなかったという、経験がある為、同じ
失敗を繰り返さないために、市場調査も、念入りに行って
いるのでしょうね。

新型プリウスPHVいくらなら買う?


個人的な見解を述べさせていただくと、新型プリウスPHVを
すごいと感じているユーザーは多いと思います。

フロントマスクもカッコ良く、フル充電で60キロ走行可能。

かなり魅力的な車ですよね。

売れるとなるとクエスチョン

問題は価格設定です。

新型プリウスハイブリッドSグレードが247万円。

ソーラーパネル、PHV、エクステリアデザインの付加価値
をどう判断するかですが、オプションのナビ等を購入したく
なる為、車両本体の価格差が70万以上開けば、販売台数
は伸び悩むのではと感じます。

ターゲットユーザーは、プリウスハイブリッドの狙っている層と
かぶり、新型プリウスハイブリッド流れるのでは
ないかと考えます。

価格差が70万円以下であれば爆発的に売れると感じます。

プリウスPHVを出すのであれば、7人乗りのプリウスαPHVを
出し欲しいですね。

新型プリウスαPHVを期待しているユーザーも多いのではないか
と考えるからです。
新型プリウスの口コミは?


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

トラックバックの受付は締め切りました

この広告は前回の更新から一定期間経過したブログに表示されています。更新すると自動で解除されます。