So-net無料ブログ作成
検索選択

新型セレナe-POWERの発売日を遅らせる理由は? [自動車]

新型セレナEPOWERの発売日を遅らせる?


新型セレナEPOWER発売日について

01.jpg

新型セレナにe-POWER搭載のフルハイブリッド
の発売日は2017年8月から9月頃の予定との
ことですね。

2017年8月24日にe-POWOER搭載の新型セレナ
が発売されるとうわさされていますが、
開発状況にも左右されると思います。

新型セレナの2017年3月度の販売台数は14577台
ライバル車であるトヨタ ノア、ボクシ―の販売台数は
ノア  : 5934台
ボクシー:10831台

合計の販売台数と16765台を一気に抜き返す事を
と考えているはずです。

新型セレナとノア、BOXYと比較したとき
口コミを見ると新型セレナは、燃費と加速性が
負けていますよね。

この、ウィークポイントを何とか強化し
巻き返すべく、新型セレナe-POWOERを
投入してくると考えられます。

新型セレナにe-POWERを搭載すれば加速性は
間違いなくボクシ―やノアより上を行きますので

あと、燃費のところですよね。


JC08モードではボクシ―ハイブリッド車で23.8㎞/L
を超えることが、大きな課題だといえます。

ボクシ―は2013年に発売してこの燃費ですので
何とか燃費を上げたいと考えているのでしょう。

トヨタの開発スパンが6年とすると、新型ボクシ―
は2019年にPHV(プラグインハイブリッド)が
発売されると考えられます。

さすがに、e-POWERもPHVには敵いません。

ですから、意地でも、日産は燃費23.8km/Lオーバー
を狙ってくるはずですよね。

燃費改善を追求し、ボクシ―ハイブリッドを
超えられなければ、新型セレナe-POWERのリリースを
遅らせるのではないでしょうか?


あなたの愛車そんな値段で売らないでください


【かんたん車査定ガイド】

他車と競わせたり、他のディーラーまわって競わせ
たりするのってすごく大変ですし、交渉で値引きして
もらえる金額にも、限界がありますよね。

僕たち一般ユーザーが、自分の愛車の相場を知らないことを
良いことに、少なくとも10万円は下取りを安く見積もられて
いるようです。

そして、その金額の一部を新車値引きに引き当てて、いかにも
大きく値引いたように見せかける。

これはディーラーがよく使う、「値引き充当」という
テクニックです。

「値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

ココだけは頭に入れておきましょう・・・


せっかく値引き交渉が上手くいっても「愛車の下取り」で損して
たら何の意味もないですからね・・・

あなたは新型セレナを買う前に自分の車の最大の買取価格
を調べておかないと、40万円以上も損をするかもしれません。

もちろん、車種や走行距離などで金額は違うと思いますが、損を
しないためにも試しに利用してみるといいと思います。



そしてディーラーにその結果を見せてあげれば、買取価格をめっちゃ
上げてくれること必至♪
もしダメでも、1番高く買い取ってくれるお店で車を売ればいい
だけですしね。(^^)v

徹底的に値引きして、ぜひ新車をお得に購入してくださいね!

■■■ 関連記事はこちら ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●新型セレナの口コミは?口コミから見る人気の理由とは
●日産 新型セレナ試乗中にエマージェンシーブレーキで追突事故、安全性は?
●セレナe-Power の価格は?
●セレナe-Power 発売延期は確定?


スポンサードリンク






nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車

nice! 0

コメント 0

コメントを書く

お名前:
URL:
コメント:
画像認証:
下の画像に表示されている文字を入力してください。

※ブログオーナーが承認したコメントのみ表示されます。

トラックバック 0

この記事のトラックバックURL:
※ブログオーナーが承認したトラックバックのみ表示されます。