So-net無料ブログ作成

新型プリウスPHVの発売日確定、いくらなら買う?

20160423-10243427-carview-000-1-view.jpg

新型プリウスPHV発売日確定

新型プリウスPHV(プラグインハイブリッド)の発売日が
10月26日に確定し、販売店の受注開始日は
9月上旬を予定しているしたとの情報がながれました。

ホンダなど、品質問題でフリードなどの新型車
の投入を見合わせているなか、新型プリウスプラグイン
ハイブリッド(PHV)の新車開発も順調に進んでいるようです。

生産工場は、トヨタのメイン工場、愛知県豊田市の堤工場で
新型プリウスプラグインハイブリッド(PHV)の生産能力
台数は最大6000台/月を計画しています。

新型プリウスハイブリッドの販売が好調で、新車販売ランキング
で1位をキープし、販売台数も2万台をコンスタントに
たたき出している事から、より付加価値の高いPHVが消費者に
受け入れられるかを、見極めたいとの考えがあると思われます。



現行プリウスのプラグインハイブリッド(PHV)2012年1月に
販売開始した当初の年間目標販売台数は3万5千台から4万台
としていたましたが、販売台数が年間1万台と低迷した経緯が
あります。

当然、開発費回収を見こんで、販売台数を設定するわけですから
売れなかったら大赤字ですし、販売台数の見極めが重要になってきます。


現行プリウスPHVの開発者側が、ベストだと思った新技術を
ユーザーに受け入れられなかったという、経験がある為、同じ
失敗を繰り返さないために、市場調査も、念入りに行って
いるのでしょうね。

新型プリウスPHVいくらなら買う?


個人的な見解を述べさせていただくと、新型プリウスPHVを
すごいと感じているユーザーは多いと思います。

フロントマスクもカッコ良く、フル充電で60キロ走行可能。

かなり魅力的な車ですよね。

売れるとなるとクエスチョン

問題は価格設定です。

新型プリウスハイブリッドSグレードが247万円。

ソーラーパネル、PHV、エクステリアデザインの付加価値
をどう判断するかですが、オプションのナビ等を購入したく
なる為、車両本体の価格差が70万以上開けば、販売台数
は伸び悩むのではと感じます。

ターゲットユーザーは、プリウスハイブリッドの狙っている層と
かぶり、新型プリウスハイブリッド流れるのでは
ないかと考えます。

価格差が70万円以下であれば爆発的に売れると感じます。

プリウスPHVを出すのであれば、7人乗りのプリウスαPHVを
出し欲しいですね。

新型プリウスαPHVを期待しているユーザーも多いのではないか
と考えるからです。
新型プリウスの口コミは?

ヴェルファイアの口コミ評価は?

1422241215-resize-655-634.jpg
ヴェルファイア口コミ評価


トヨタ 新型ヴェルファイアの口コミ評価で、上がっている
おすすめなポイントと不満な点についての、
様々な声について調べてみました。


新型ヴェルファイアの不満なポイント(口コミ、評価)


●フロント部分は凹凸があり過ぎて洗車の拭き取りが大変ですが
20系より迫力あって好き。テールは、正直イマイチですかね。


●死角が多く目視で見える範囲は狭いため夜は特に注意が必要
と感じます。


●オプションが高すぎ。もうちょっとリーズナブルにしてほしい。


●オプション含め価格が高いですね。

トヨタさんにしては割高感があるかな。


●車内が広い為オプションが沢山付けられ、オプションだけで
軽自動車1台分位掛かってしまいました。


●20系からあまり変化は感じられませんでした。2.5じゃしょうがないですね。


●高速道路での風切り音が若干気になります。


●幅も長さも大きくなったので、慣れるまでがヒヤヒヤでした。


●ランバーサポートが欲しい。普通パワーシートならついてるでしょ。


新型ヴェルファイアのおすすめなポイント(口コミ、評価)


●エンジンパワーと静粛性が旧型3.5LV6に比べて遜色なく
燃費が向上しているのがうれしい。


●前モデルに対しメーカー公表は1キロの向上ですが、かなり
燃費は良くなってます。


●高級感漂うインテリアに所有満足度が高い


●最高の乗り心地です。細かなところまで
こだわっており満足度がかなり高い車だと思えます。


●過去に所有した車の中では間違いなく
一番の乗り心地です。


●乗り心地は特に後席に載せた人の評判が良く
子供は大喜び。友人はスゲー連発。


●静かというか車全体に、負荷がかかってない。以前の
ヴェルファイアとは全く別物


●特にセカンドシートの人は最高の乗り心地がチョー穏やかで大絶賛です。
むかし乗ってたクラウンみたい。


●助手席に乗っていた妻がセカンドシートに乗るようになった
そのくらいセカンドシートの乗り心地が良い。


●価格は高いですが、価値は相応と思います。


●ガソリンタンクが大きくなったので、給油回数が減りました。


●大型ミニバンの割には良く曲がるし止まり、驚くほどの
走行安定性をみせますね。


●エンジン音が以前のよりもパワーのあるような低音の
かっこいい音になりました


新型ヴェルファイアの燃費


●燃費(NA)

・2.5ZG 2WD街乗り燃費8~9km/L高速燃費12km/L(アイドリングストップなし)


●燃費(ハイブリッド)

・HV V2.5街乗り燃費8~10km/L、高速燃費14km/L



以上が新型ヴェルファイアの不満な点、おすすめな点の
口コミ、評価になります。


新型ヴェルファイアの不満なポイントまとめ(口コミ、評価)


不満ポイントと言えば、「車体が大きくなったことで、運転に
気を使う」ことが挙げられます。


これはバックビューモニターやパノラマビューモニターなどの
オプションでカバーしましょう。


そしてもう一つ大きな不満と言えば価格が高いことですね。


オプションを追加すると価格がかなり上がりますね。


一番売れ筋のZGエディションになります。


このグレードで試算してみます。


車両価格・・・¥4,173,709

オプション
●T-Connect SDナビゲーションシステム+JBLプレミアムサウンドシステム
+パノラミックビューモニター・・・¥702,000

●サイドバイザー(RVワイドタイプ)・・・¥30,240

●LEDフォグランプ・・・¥86,400

自動車税(減税込み)、販売諸費用・・・¥246,807

総計¥5,239,156


最上位のナビゲ―ション付けると500万超えてきます。


やはりそれなりの経済力がないと、手が届きませんね。


ただ、納車されてしまうと、乗り心地、高級感漂うインテリア
走行安定性により、顧客満足度は急激に上昇して、価格についても
納得してしまうようです。


助手席に乗っていた妻が、セカンドシートに乗る
ようになるなど、セカンドシートの乗り心地は抜群のようで、
家族サービスにはもってこいの一台ですね。


燃費についても、2.5Lエンジンで9km/Lの燃費を
叩き出すとはすごいの一言です。


カタログ値で11.4km/Lですから、カタログ値と
さほど変わらないことになります。


実燃費としては、カタログ値の6割くらいという
イメージがありますが、カタログ値と実燃費が
それほどは割らないのは、驚きです。


やはりトヨタの開発陣の潜在力はかなりのパワーを
秘めていると感じますね。


不満な点で、高速道路での静粛性について、若干気になる
との指摘があります。


空力解析により、車両下側にはエンボス追加等、
対策されているので、車両上側が発生元
の可能性があるかもしれません。


例えば、ドアバイザーの取り付け不良とか?そのへんを
確認してみてはと言う感じでしょうか。


新型ヴェルファイアのおすすめなポイントまとめ(口コミ、評価)

おすすめなポイントとしては、乗り心地の口コミ評価
がすべてを物語っていますね。


最高の乗り心地が最大の売りなのでしょう。


ちょっと気になるのがヴェルファイアのフロントマスクが
精悍過ぎると感じる人は、アルファードも良いと思います。


以前、「いつかはクラウン」というキャッチコピーが
ありました。


いつかはヴェルファイア、いつかは
アルファードになるポテンシャルを秘めている車ですね。


ヴェルフィアを60万以上値引く裏ワザ




新型ヴェルファイアに乗り換えるときに、カーナビ、バイザー等、
どうしても必要なオプションを入れるとかなりの価格になると思います。


金銭的な負担もかなり大きいですよね。


この、金銭的な負担を少しでも減らそうと、他車と
競わせたり、他のディーラーまわって競わせ
たりするのってすごく大変ですし、交渉で値引きして
もらえる金額にも、限界がありますよね。


このような正攻法による値引きのほかに、高額
な値引きを引き出せる裏ワザがあるのをご存知ですか?


僕たち一般ユーザーが、自分の愛車の相場を知らないことを
良いことに、少なくとも10万円は下取りを安く見積もられて
いるようです。


そして、その金額の一部を新車値引きに引き当てて、いかにも
大きく値引いたように見せかける。


これはディーラーがよく使う、「値引き充当」という
テクニックです。


「値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。


ココだけは頭に入れておきましょう・・・


せっかく値引き交渉が上手くいっても「下取り」で損して
たら何の意味もないですからね・・・


あなたも新型ヴェルファイアを買う前に自分の車の最大の買取価格
を調べておかないと、40万円以上も損をするかもしれません。


もちろん、車種や走行距離などで金額は違うと思いますが、損を
しないためにも試しに利用してみるといいと思います。

   ↓↓↓



そしてディーラーにその結果を見せてあげれば、買取価格をめっちゃ
上げてくれること必至♪


もしダメでも、1番高く買い取ってくれる所で車を売ればいい
だけですしね。(^^)v


徹底的に値引きして、ぜひ新車をお得に購入してくださいね!



新型プリウスPHV ソーラーパネルでの走行距離は?

main_img.jpg
新型プリウスPHV ソーラーパネルでの走行距離は?


2016年の秋から、2017年初頭にかけて発売が
予定されている新型プリウスPHVが、ソーラーパネルを
ルーフに搭載して、駆動用の12Vバッテリーに充電が
可能になるようですね。

現行のプリウスPHVにもソーラーパネルのオプションは
ありますがあくまで、夏場の室温上昇対策として室内
換気用のファンへの電源供給のみで、実用性に欠ける
ところがありました。

オプション価格も30万円と高額で、あまりメリットが
ありませんでした。

しかし、新型プリウスPHVでソーラーパネルによる12V
バッテリーへの充電が可能になることで、燃費向上にが
期待できるほか、災害時の電源等、一時的な電気の供給源
としても活用でき、いざという時も、頼れる一台になり
そうです。

充電機能

充電については、急速充電と普通充電に対応しています。

●急速充電では、スタンドやディーラーに設置されている
充電機で20分で80%充電出来るんですね。

●普通充電も可能で、家庭用のコンセント100Vで
フル充電15時間、専用回路工事200Vで2.5時間
の充電が可能。

2つのAC100Vコンセントが装備しているため、災害や
停電などの緊急時やアウトドアなどでも家電の使用が
可能でとても便利になりますよね。

やはり、いざという時が重要なんですよね。

一台2役、3役もこなせ、今までにない高性能
新型プリウスPHVとして人気を博しそうです。

20160423-10243427-carview-000-1-view.jpg
新型プリウスPHVのソーラーパネルでどのくらい走れるの。


住宅用のソーラーパネル、1㎡発電量で調べてみました。

ソーラーパネルの一日当たりの発電は季節変動による
ところが大きいため、年間の平均発電量で試算して
みることにします。

一般的に1㎡、一日当たりの発電量は300Wですが、
太陽光を受けやすい角度を取れない、または車庫などは
日が当たらない場所が多いので、平均発電量の3割で
計算してみます。

1日あたり300W×0.3=90W

新型プリウスPHVの電池容量を10KWとするとフル充電に
111日かかりますよね。

フル充電の走行距離が60kmなので一日当たり
60km÷111日=0.54㎞

一日の充電で540m位ですね。ただ実際の走行距離だと
更に走行距離は落ちますので、実用性はちょっと疑問ですが
残ります。

日本テレビ系鉄腕ダッシュ村のソーラーカー「だん吉」君
を彷彿とさせるような、新型プリウスPHVのソーラーパネル
駆動は魅力ですよね。

オプション設定かわかりませんが、30万円するのであれば、
コストパフォーマンスは悪そうです。

やはり、世界初のソーラーパネル充電という、最先端技術
を垣間見せているというところが、売りになりそうです。

究極のエコカーの水素自動車のFCV弟分との位置付け
での技術開発という気もしますね。

新型プリウスPHVの発売が待ち遠しいですね。

【かんたん車査定ガイド】

■■■ 関連記事はこちら ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●新型プリウスの口コミは?
●新型プリウスの燃費を劇的に上げる裏ワザとは?
●新型プリウスPHVの発売日確定、いくらなら買う?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車