So-net無料ブログ作成
検索選択

新型セレナ2017年の口コミは?口コミから見る人気の理由とは [自動車]

目次はこちら
新型セレナの口コミ評価は?オーナーの気になる口コミ評価について
006_o.jpg
新型セレナの 口コミ評価は?

日産 新型セレナの口コミ評価で、上がっている
おすすめなポイントと不満な点について、

様々な声について、真偽のほどを調べてみました。


新型セレナの不満なポイント(口コミ、評価)


●オプションを付けると割高感がある。

●ボクシーと同じ装備にすると、かなり価格が高い。

●燃費重視のCVTセッティングのせいかアクセルレスポンスが悪い。

●加速レスポンスは、もっさり感があり他社に劣ると感じる。

●給油ノズルを横向きにしないと奥まで入らないので横にすると
 のボディーに当たる。

●エンジンブレーキが弱くフットブレーキを踏む機会が多い。


新型セレナのおすすめなポイント(口コミ、評価)


●車内空間の広さは十二分にありとても快適です。

●分割式のバックドアはとても使い勝手が良い(デュアルバックドア)

●パイロットV1.0機能は、高速道路でとても重宝しています。

●プロパイロットは安全に全車に追随するので、素晴らしい装備ですね。

●フロントマスク、顔つきが良くなりました。

●エクステリアでは、ハイウェイスターのエアロパーツがカッコ良い。

●ハンズフリースライドドアは、コートを脱ぎながら足で同時に
 あけられるのでとても便利です。

●メーターフードが低くなり、前方視界が良くなった。
 C26(先代セレナ)に比べ室内の静粛性はとても良くなっている。



新型セレナの実燃費(口コミ、評価)


●2WD
 ・街乗り…9~14km/L
 ・街乗り…11km/L
 ・高速道路…15km/L(オートパイロット使用時)


●4WD
 ・街乗り…5~8km/L(冬場5人乗車でエアコン多用時)
 ・一般道(中距離)…10km/L
 ・高速道路…11~12km/L



不満な点の口コミについて調べてみました。

新型セレナ不満な点をまとめ


不満な点はズバリ
①オプションを含めるとライバル車に比べて価格が高い。
②加速時のレスポンスが悪い。
あと、燃費もライバル車に比べると悪いですね。


不満な点1「オプションを付けると割高感がある」って本当にそうなの

◆新型セレナを購入をフルオプションでシミュレーションしてみます。

新型セレナで欲しいと感じるオプションの下記4項目を入れて
シミュレ-ションしてみます。

1、高速道路での自動運転支援機能の「パイロット」。
2、アラウンドビューモニター(セーフティーパックB)
3、インテリジェントパーキング アシスト(セーフティーパックB)
4、ハンズフリーオートスライドドア

管理人セレクト、新型セレナバージョン
キャプチャ.PNG
◎合計(消費税込) 3,478,997円 (消費税250,088円)

●車両本体(消費税込)ハイウェイスター 2,678,400円
●ボディカラー(消費税込)ブリリアントシルバー(M)0円
●インテリア(消費税込)ブラック〈G〉<ジャカード織物/トリコット>0円
●オプション価格(消費税込) 654,588円
●車両代合計/メーカー希望小売価格(消費税込) 3,332,988円
●諸費用等合計 146,009円

以下明細
 ■ オプション価格詳細(654,588円)
 1)メーカーオプション(消費税込)
  ・セーフティパックB 243,000円
  ・ハンズフリーオートスライドドア〈両側〉+サードシート用助手席側
   オートスライドドアスイッチ+全ドア連動ロック機能+ドアストップ機能+
   195/60R16 89Hタイヤ&16インチアルミホイール156,600円
  ・快適パック 37,800円

 2)ディーラーオプション(消費税込)
  ・プラスチックバイザー 27,216円
  ・5YEARS COAT 71,280円
  ・LEDフォグランプ ハイウェイスター用 47,952円
  ・フロアカーペット (スタンダード)52,704円
  ・ドアミラー自動格納装置(アラウンドビューモニター付車用)18,036円

 ■ 諸費用詳細(146,009円)
 ・自動車取得税 77,800円 (エコカー減税額)-46,700円
 ・自動車重量税 30,000円 (エコカー減税額)-15,000円
 ・自賠責保険 40,040円
 ・自動車税(3月登録の場合)0円
 ・税金保険料等計 86,140円
 ・リサイクル費用 10,570円
 ・登録諸費用(参考価格、消費税込) 49,299円
 

選択のポイントは、これがあったら便利困っているものと解消との視点で選択しました。

●プロパイロット
⇒高速道路での自動運転支援機能があれば便利。
●アラウンドビューモニター
⇒道幅の狭い道でのすれ違いや車庫入れ時の確認が便利で
 車の擦り傷やへこみがかなりなくなり補修費が削減できる。
●ハンズフリーオートスライドドア
⇒雨降り時に両手がふさがってい時に便利で、女性に大人気。
●インテリジェントパーキングアシスト
⇒狭い駐車場での車庫入れのアシストは便利。
●バイザー
⇒雨の降っているときにちょっとした換気に必要。
●ブラックのシート地
⇒汚れが目立たない。


新型セレナの売れ筋グレードベスト3

1、ハイウェイスタープロパイロットエディション 2,916千円
2、Ⅹ                     2,489千円
3、ハイウェイスター              2,678千円

ちなみに、売れ筋の、ハイウェイスタープロパイロットエディションを
選択しなかった理由は、アラウンドビューモニターと
インテリジェントパーキングアシストの同時選択が出来ないからです。


◆ボクシーをハイブリッド仕様で購入シミュレーションしてみます。

●グレードHYBRID ZS 7人乗り
 駆動 / 2WD 
 ・トランスミッション / FF 電気式無段変速機
 ・ボディカラー / シルバーメタリック
 ・インテリアカラー / ダークブルー&ブラック エアロ専用ファブリック
 ◎お支払い総額A+B+C ¥3,710,967(消費税抜き ¥3,442,680)

 以下ボクシー明細 (¥59,400)
 A)メーカーオプション一覧
 ・ワンタッチスイッチ付パワースライドドア(デュアルイージークローザー+挟み込み防止機能付)
  デュアル(両側) ¥59,400

 B)ディーラーオプション一覧 (¥267,840)
  取付工賃は含まれておりません
 ・T-Connectナビ ¥157,680
 ・サイドバイザー(RVワイドタイプ) ¥23,760
 ・LEDフォグランプ(イルミネーション付/ホワイト)
 (設定4) ¥86,400


 C)税金・保険料 (¥76,240)
 内訳
 ・自動車税     ¥36,200
 ・自動車取得税 ¥80,700
 ・減税額       -¥80,700
 ・自動車重量税 ¥30,000
 ・減税額     -¥30,000
 ・自賠責保険料 ¥40,040


管理人セレクトのフルオプションで
●新型セレナ価格
合計(消費税込)内)消費税 3,478,997円 (250,088円)

●ボクシー価格
合計 ¥3,710,967(消費税抜き ¥3,442,680)

ボクシーはハイブリッドですが、ハイブリッド無し
との価格差は、50万程度なので、

新型セレナの価格は、高いのかを比べるため、
ボクシーからハイブリッド仕様をはずすと
新型セレナ 3,478,997円
トヨタボクシ―3,210,967円、

価格差は30万円弱ですが、新型セレナの
機能を考えると、新型セレナを買ってしまうと
思います。

以上のことから、他車と比較しても
それほど割高という感じではなく、

むしろお買い得な一台ではないでしょうか?


不満な点2「加速の悪さは?」

「加速にもっさり感があり、他車に劣る」について、
やはり、加速のある車を選びたい場合は、
トヨタ車を選んだ方がよさそうです。

しかし、新型セレナの新機能が捨てがたい
ということであれば、
あと半年後に、EPOWER新型セレナが発売予定なので
それを待つという手もありますね。

ただ、EPOWERの場合、販売価格は50万程度上乗せ
されるとみるべきでしょう。


燃費について、新型セレナと、トヨタボクシー
について、比較してみます。

新型セレナ
カタログ燃費:17.2㎞/L(JC08モード)
実燃費街乗り:約11㎞/L
実燃費高速 :約15km/L

トヨタ BOXY ハイブリッド仕様
カタログ燃費:23.8㎞/L(JC08モード)
実燃費街乗り:約17㎞/L
実燃費高速 :約20.7㎞/L

1か月平均1000kmの走行距離を仮定したとき
街乗りで比較すると
リッター当り6㎞程度の走行距離に差が出ると考えると
新型セレナ 月のガソリン代:1000Km÷11km/L=90.1L
ボクシー  月のガソリン代:1000km÷17km/L=58.8L

月平均90.1-58.8=31.3Lの燃料差が出ます。

1L=130円で計算すると31.3×130円=4069円
1年で計算すると48,828円ボクシーハイブリッドが 経済的となりますね。


新型セレナおすすめのポイントまとめ


①使いやすさを追求
・分割式のバックドアはとても使い勝手が良い(デュアルバックドア)
・メーターフードが低くなり、前方視界が良くなった。
・C26(先代セレナ)に比べ室内の静粛性はとても良くなっている。

②カッコよさ
・フロントマスク、顔つきが良くなりました。

③ほしい機能の充実
・プロパイロットは安全に全車に追随するので、素晴らしい装備ですね。
・ハンズフリースライドドアは、コートを脱ぎながら足で同時に
 あけられるのでとても便利です。


新型セレナは、ユーザーの使い勝手をとことん追求
して開発された車ですね。

①「使いやすさを追求」では

とても良いとこ突いてると感じる機能があります。

それがデュアルバックドアという機能です。

駐車場で後ろが狭い所など、バックドアをオープン出来ない
ところでも、ちょっとした荷物の出し入れが出来るという、
より、利便性が大幅に向上しています。

デュアルバックドアという機能は、あると便利だなと感じて
しまいますね。

②のカッコよさは、個人差があると思いますが
フロントマスクはカッコ良いと感じます。

フロントマスクが良くないと、あまり購買意欲
をそそられません。

これだったら売れる気がします。


③ほしい機能の充実
オプションになりますがやはり
白線を検知してハンドル操作の自動支援を
サポートする自動運転技術「プロパイロット」は
欲しい機能のひとつです。


両手がふさがっていても足でスライドドアを
オープン出来るハンズフリースライドドアは
女性にも大人気ですよね。


あと個人的には、車庫入れ支援機能の
インテリジェントパーキングアシストと
車の上から前後左右の障害物との距離を
確認できるアラウンドビューモニターは

車庫入れの苦手な私管理人や女性など、
ほしくなる機能の1つと感じています。

手で操作すること無く、足でドアをオープン出来る
「ハンズフリースライドドア」など、最新技術や、
使い勝手の良い新装備が投入されていますよね。

ちょっとした、「あったら便利だな」と感じる
機能があれば、お財布のひもは、
ゆるくなっちゃいますよね。


セレナ販売台数推移



2016年8月24日に新型セレナが発売されました。

2016年
8月 11位  4,392台
9月  9位  6,488台
10月 3位 12,408台
11月 7位  7,293台
2017年
12月 9位  6,068台
1月  2位 11,179台
2月  5位 10,983台


発売翌月以降、販売台数トップテン入り
しています。


2016年11月、12月の落ち込みは、
新型セレナ発売直後の9月7日に国土交通省に届け出た
リコールの影響によるものと考えられます。

8月27日に兵庫県内のディーラー試乗中にエンジンから
出火する事故が発生しています。

アイドリングストップからエンジン始動時に
流れる電流により回路がショートし、
最悪の場合に出火するというものです。


稼ぎ頭の発売当初に出鼻をくじかれる
形で、一時はどうなることかと思いましたが
1月は11,179台で、販売ランキング2位まで
回復しました。


発売直後は、量産体制が間に合わず
建て付け不良などの不具合が出やすいのですが、

発売後、半年以上経過しましたので
品質保証体制や不具合についても
ある程度洗い出しと対策が終わっています。

今購入しても全く問題ないと考えます。


購入資金調達が悩みのタネですね

どうしても欲しいオプションを付けると
300万円以上かかります。


この費用をなんとか捻出したいとお考えのあなたに

新型セレナを50万円安く買う方法は?



他車と競わせたり、他のディーラーまわって競わせ
たりするのってすごく大変ですし、交渉で値引きして
もらえる金額にも、限界がありますよね。

僕たち一般ユーザーが、自分の愛車の相場を知らないことを
良いことに、少なくとも10万円は下取りを安く見積もられて
いるようです。

そして、その金額の一部を新車値引きに引き当てて、いかにも
大きく値引いたように見せかける。

これはディーラーがよく使う、「値引き充当」という
テクニックです。

「値引きを高くするかわりに、下取りを安くする」というディーラーのテクニックです。

ココだけは頭に入れておきましょう・・・


せっかく値引き交渉が上手くいっても「愛車の下取り」で損して
たら何の意味もないですからね・・・

あなたも、新型セレナを買う前に自分の車の最大の買取価格
を調べておかないと、下取り差額で50万円、損をするかもしれません。

もちろん、車種や走行距離などで金額は違うと思いますが、損を
しないためにも試しに利用してみるといいと思います。




■■■ 関連記事はこちら ■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■■
●日産 新型セレナ試乗中にエマージェンシーブレーキで追突事故、安全性は?
●新型セレナe-POWERの発売日を遅らせる理由は?
●セレナe-Power の価格は?
●セレナe-Power 発売延期は確定?

nice!(0)  コメント(0)  トラックバック(0) 
共通テーマ:自動車